保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

【絵本0003】どうしてそうなった!?世界感が面白い:こねてのばして

あっという間に年末年始のお休みも終わり明日から仕事はじめという方も多いのではないでしょうか?

さかすももちろん明日から仕事はじめです。パパどんはお休みなのでずるい!

先日行った義実家の近くで購入した絵本娘チョイスのものではなく完全に私チョイスの絵本です。

見つけた瞬間に即カゴにいれていたこちらの絵本を紹介します

 

こねてのばして

f:id:dondon0907:20180206220552j:plain

 

こねてのばして:ヨシタケシンスケ

ブロンズ新社

ヨシタケシンスケさんの魅力

作者であるヨシタケシンスケさんの絵本が大好きで、発売されている絵本はほとんど持っています。

ヨシタケシンスケさんの作品の魅力はなんといってもその世界観。

独特のストーリーとなんともいえない表現力が子どもだけでなく大人も虜になってしまうんですよね。

今回のこねてのばしても謎の物体をひたすらこねたりのばしたり時には踊ってみたり……と主人公の男の子が行うだけなのですが、ひとつひとつの表情がシュールで、そして最後は笑顔になるという魔法のような絵本です。

ヨシタケシンスケさんの作品は普段大人が見ているような視点とは違う視点で描かれているものが多く、子ども目線になった時に「確かに!」と思うようなことばかりの絵本で、子どもから絶大な人気を得ています。

読み聞かせをするときに度の絵本にしようかな?と考えていると大抵ヨシタケシンスケさんの絵本を「読んで!」と持ってきてくれるので、子どものツボを得ているんだなぁ……といつも思います。

視点を変えてみることは大人でも大事な事。「ああそうだった」と思い直させてくれる素敵な絵本です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 子育てブログへ

p>