保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

【絵本0010】お昼寝や夜の就寝前に読みたい絵本:おふとんかけたら

どんちゃんはパジャマに着替えた後歯磨きをして絵本を1冊読んでから寝るというルールがあるので、毎日必ず絵本棚から絵本をもってきます。寝る前は1冊と決めて、ぐずってもそのまま寝室に連れて行きもう後は寝かせています。

そんなどんちゃんも大好きな絵本を紹介します。

おふとんかけたら

f:id:dondon0907:20180206220524j:plain

いふとんかけたら:かがくいひろし

ブロンズ新社

850円+税

あんな食べ物や動物も、布団をかけたら……!

表紙にもあるように、布団をかけるのは子どもじゃなくて食べ物や動物ばかり!

タコやソフトクリームに蟻……といったさまざまなものにお布団をかけていきます。

転がったり溶けてしまったりと反応が面白いので、どんちゃんも笑いながら見ています。そんなものにお布団かけないでしょー!と突っ込みたくなるくらい様々なものに布団をかけているので、初見の時は大人も思わず笑ってしまうほど楽しい絵本です。

作者はあのだるまさんシリーズでも有名なかがくいひろしさんです。

どんちゃんには0歳のころから読んでいましたが、1歳になってからの方が反応が良く、一緒に「こーろころ」と言ったり、動きを真似したりして楽しんでいます。

反応だけじゃない、お布団の柄にも注目!

たくさんの動物や食べ物にお布団をかけ、その反応を見て楽しんで……と繰り返す絵本ですが、登場人物の面白さだけでなく、お布団の柄にも注目していただきたいです。

お布団の柄は登場人物に合わせて細かくかえられています。

職場で読んだとき2祭事クラスはトイレットペーパーのページで大ウケ。ひたすらもう1回!とそこだけ繰り返し読んだ事もあります。どんな柄のお布団なのかは是非手に取ってみてくださいね。

もちろん最後はおやすみなさい。

就寝前に読む絵本でありがたいのが、最後の意文章で寝ようという気持ちに切り替えられるところです。

この絵本も最後は『ぬーくぬく』で締められているので、じゃあどんちゃんもおやすみなさいしようねとつなげやすいです。

就寝前に絵本を読んでもう1冊!もう1冊!となりがちですが、切り替えができる絵本を用意することでスムーズに就寝へとつなげられるといいですね。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 子育てブログへ

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ