保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

【絵本0019】乗り物が大好きな赤ちゃんにおすすめの絵本:コトコトでんしゃ

子どもたちの大好きな乗り物の絵本。電車は特に男の子からの絶大な支持を得ており、路線名とか駅名まで完璧に覚えている子どもを何人も見てきました。保育士は保育士で応えるために路線名を覚えたりするので詳しかったりするんですよね。私は1年の育休ですっかり忘れてしまいましたが……。

バスに続いて今回はみんなが大好き電車の絵本を紹介します。

コトコトでんしゃ

f:id:dondon0907:20180206220638j:plain



コトコトでんしゃ:とよたかずひこ

アリス館

800円+税

電車の擬音が独特で面白い!

電車といえば絵本『がたん ごとん』のように、がたんごとんという効果音がお決まりのようになっていますが、こちらの絵本はがたんごとんではなくコトコトコトンという表現をしています。

一両編成のかわいい電車で、田園風景というか田舎の山道というかそんな場所を走ってるようなイメージです。走るのもゆっくりそう。

コトコトコトンの音が、鉄橋にかかるとゴトゴトゴトンになったり、トンネルに入ると警笛をならしたりと、擬音がふんだんに使われています。

どんちゃんは先日紹介したブップーバスと同じこのシリーズが大好きで、大抵セットで持ってきます。

コトコトコトンといいブップーブップーといい、とよたかずひこさんの絵本は音遊びが独特で面白いので好きなようです。

途中で出てくる動物もかわいい

途中の山道でなぜか動物が出てくるのですが、そのキャラクターもかわいいです。

ももんちゃんシリーズを書かれているだけあって、動物や人間の表情が本当にかわいいんですよね。

キャラクターはかわいいあので数がどうしてここで動物が出てきたのだろう?というのはさかすもパパどんも永遠の謎に思っています。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 子育てブログへ