保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

保育士が選ぶ0歳児に読んでよかった絵本10選

f:id:dondon0907:20180117213910j:plain

どんちゃんが0歳の頃ずっと読んでいた絵本。どんちゃんが0歳の頃反応が良かった絵本と、職場で働いていて0歳児におすすめしたい絵本の両面から、0歳児に読み聞かせたい絵本を紹介します。

 

保育士が選んだ0歳児に読んでよかった絵本10選

だるまさんシリーズ:かがくいひろし 

 

泣く子も笑うで有名なかがくいひろしさんのだるまさんシリーズ。

どんちゃんはとにかく大好きで、ひたすら動きを真似ていました。

赤と白のコントラストが強いので、赤ちゃんでも見やすいかと思います。

0歳児クラスではだるまさんシリーズは鉄板。1歳児からも大人気なうえに、意外と幼児クラスの子どもに読んでも喜ばれます。年齢問わず愛される絵本なので3冊まとめてプレゼントにもおすすめですが、有名だからかぶってしまうかも。

あかちゃんのうた オルゴールおうたえほん

数ある歌の絵本の中でもどんちゃんが好きだったのがこの絵本。よくしゃべるようになった今、全部の曲をフルコーラスで歌いドヤ顔しています。

あかちゃんのうたは、他の歌絵本に比べると音響部分がしっかりしているので音質もいいです。

うたとオルゴール、両方切り替えることができるので寝かしつけにも使えて、月齢の低かったころはこのオルゴールをひたすら流していました。イラストがかわいいのも好きなところです。

うるしー、もいもい:ロロン 市原淳

東京大学赤ちゃんラボが製作したといううるしー、もいもい

あかちゃんの好きな語彙、赤ちゃんの好きなキャラクターを実際の赤ちゃんが審査員になって作ったという作品です。

始めは半信半疑でしたが、たまたま職場にこの絵本が届いたので0歳児に読んでみたら本当に食いつきがよかったのを覚えています。どんちゃんにいつか読み聞かせしたいけどもう遅いのかなとちょっと諦めている絵本でもあります。

おしくらまんじゅう:かがくいひろし

どんちゃんが好きすぎてもうボロボロになっている我が家のおしくらまんじゅう。

おしくらまんじゅうのことをなぜか「おしぷー」と呼ぶので、「おしぷー読みたい」と持ってきます。おしくらまんじゅうだよ……。

0歳児クラスでも人気の絵本で、冬の時期になるとよくみんなで読んでいます。読み手との掛け合いも楽しいので、ただ読み聞かせするだけじゃなくて一工夫できるのも良いところかなと思います。

とってください:福知伸夫 

どの絵本がおすすめ?と聞かれたときに、低年齢であれば『とってください』を必ずすすめているといっても過言ではない絵本。

やりとりの文章が繰り返しで子どもにもわかりやすい事と、「ありがとう」という気持ちをスムーズに育てることができるので、0歳児や1歳児クラスでよく読んでいました。

版画で描かれた絵も素敵なので、手に取る価値はあると思います。 

うさこちゃんの絵本:ブルーナ

0歳児から、1歳児からとシリーズがあるのがうさこちゃんの絵本。

有名なミッフィーの事ですが、色が原色ではっきりしていて見やすい部分と、0歳児だけではなく長い間読むことができるという点でもおすすめしたい絵本です。

もこもこもこ:谷川俊太郎

『もこもこもこ』は大人が読むとなんだこれという絵本ですが、子どもからは絶大な人気を誇る絵本です。『もこもこもこ』はイラストもなにかキャラクターとか動物とかといったものがでてくるわけでもないし、会話の分があるわけでもなく、「もこ」だとか「つん」というオノマトペで構成されています。

大人が無感情に読もうが、大げさに読もうがとにかく子どもが目を輝かせてもう一回読む!とせがむので、1回試しに読んでみてください。

コップちゃん:100%ORANGE 中川ひろたか

コップちゃんがかくれんぼしたり、一緒に飲み物を飲んだりと読み手も自然とやりとりができるので楽しい絵本。

今まで白かったのにオレンジジュースがそそがれるとオレンジに染まるので、透明だったのか!と突っ込みを入れたくなること間違いないです。

イラストもかわいいので、読んでいて楽しい気分になるところも好きです。

いないいいないばぁ:松谷みよ子

長年愛され続けている赤ちゃん絵本。いないいいないばあというシンプルな展開ですが、読んでいてやはり反応が良いのは、この『いないいいないばあ』が一番だなと感じます。

松谷みよ子さんの絵本は赤ちゃん絵本としてセット販売されているので贈り物にも最適です。

たまごのえほん:いしかわこうじ

0歳児の仕掛け絵本の中でもおすすめしたいのが『たまごのえほん』ページをめくるたびにたまごから赤ちゃんが生まれてくるのがとてもかわいいです。

ずっと長く楽しめる絵本を選びたい

0歳児の間は絵本を読み聞かせてもあまり反応がないことが多いと思います。始めのうちは目で追って、だんだん表情の変化が現れたり、行動に移ったり、言葉が出てくるようになるので、赤ちゃんの時にしか読めない絵本よりも、長い期間楽しめる絵本を選ぶのが良いのかなと思っています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。