保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

【絵本0033】かわいいだけじゃない!大人にも読んでほしい絵本:おおきなおおきなにんじん

f:id:dondon0907:20180522132600j:plain

いつの間にか読者が100人になっていました。ありがとうございます。

絵本を紹介するといっていまだ30冊弱ですが、今回紹介する絵本は久しぶりに職場で見つけたのではなく、本屋で見つける事の出来た絵本です。

おおきなおおきなにんじん

おおきなおおきなにんじん:刀根里衣

小学館

1300円+税

あかちゃん絵本と謳われているけど大人にも読んでほしい絵本

おおきなおおきなにんじんは赤ちゃん絵本として販売されていますが、実際に読み聞かせするのも3歳~向けくらいではないかと思うくらい文章がしっかりしている絵本です。

赤ちゃん絵本といわれていますが、大人にも読んでほしいなと思うのがこのおおきなおおきなにんじん。

おおきなにんじんを、うさぎの兄弟たちがみつけて、『このにんじんをどうすれば、みんなが幸せになることができるのか』模索していきます。

もしかしたらヨットになるかもしれない。

空を飛べるかもしれない。

そして、家になるかもしれない……。

そんな夢のような会話の後、でもみんなが幸せになるにはきっとこうするべきだ!とうさぎの兄弟たちが解決策を見つけます。

子どもだけではなく、大人にも『どうすればみんなが幸せになることができるのか』改めて気づかせてくれる絵本です。

イラストがかわいくて癒される

刀根里衣さんは2014年ボローニャ国際イラストレーション賞を受賞されているのですが、とにかくイラストがかわいくて癒されるのが特徴です。

いままで職場で何冊も絵本を見てきたのですが、この絵本を知る機会はなく、作者も今回初めて知りました。

実家近くの大型書店の片隅に並べられていて、イラストのかわいさから手に取ったのですが、絵本の内容も充実しているし、イラストもかわいいしでこれからそろえていきたいなと思っている作者さんです。

有名ではない作品だけれども、とにかく大人にも子どもにも読んでもらいたいと感じた絵本なので、見つけたらぜひ手に取ってみてください。