にじままなーさりー

2人の子どもを育てる保育士のさかすの子育て記録。保育園の事、絵本の事、おもちゃの事を発信します。

布おむつの保育園は本当におむつ外れが早い?実際に通ってみた感想

f:id:dondon0907:20190408075426j:plain

2歳になるとなんとなく考え始めるトイレトレーニング。

我が家の娘は0歳の時から布おむつの保育園に通っています。

布おむつといえば、おむつが外れるのが早いという話をよく聞きますよね。

実際に娘の保育園でも「2歳前にとれている子もいますよ」と保育士さんが話していました。

ちなみに私の働いている保育園では紙おむつ。平均的に3歳前後でおむつが取れています。

はたして本当に布おむつの子のおむつ外しは早いのか。トイレトレーニング真っ只中の娘の様子をお伝えします。

続きを読む

妊娠超初期の出血:初期流産だったときの話

f:id:dondon0907:20180830213030j:plain

二人目がなかなかできず気づけば半年が経過。

こんなにできないものなのかと驚いた反面、実際に妊娠検査薬で陽性がでても初期流産でさようならをした経験もあります。

初期流産は全ての妊娠の15パーセント~20パーセントとかなり高い確率で起こるといわれているもの。でもまさか、自分がそうなるなんて誰も思わないですよね。

そんな初期流産だった時の経験を残しておこうと思います。

初期流産だった話:陽性反応が出たとき

初期流産だった時は、二人目の妊活を始めてから7周期でした。

1人目もそこそこ時間がかかったとはいえ、4周期目で授かる事ができたのでまさかこんなに伸びるとは思っていなかった頃でした。

そのから地元の婦人科にお世話になっていて、Hcg注射をして排卵を促していました。

7周期目は全然妊娠兆候がみられず、むしろ「あーこれリセットするわー」ってくらい生理前の兆候が強く、あまりというか全く期待していませんでした。

検査薬を行ったきっかけは祖母の死

丁度生理予定日から数日過ぎたときに、祖母が亡くなったという連絡がありました。

その前に、夢で「祖母が亡くなった翌日に妊娠検査薬を試したら陽性がでた」という夢を見ていて、珍しく生理予定日が遅れていたので(といっても2日程度)思い切って調べてみたらまさかの陽性。

でも、1人目のときはこの時期でもしっかりと線が出たのに対して、かなり薄くて頼りない線。ちょっと不安は残るものの、あまり気にしないようにしていました。

今思えばこの時から「ちょっと違うな」という感じはありました。

5週3日で出血。胎嚢が見えない

1人目で早く行き過ぎても何も意味がないことを理解していたので、6週くらいまで初診は待とうと考えたのですが、5週3日の朝出血が。

生理終わりかけのような血で、妊娠初期の出血は珍しくないとは言うものの、1人目のときは1回も出血したことなんてなかったので「これはやばい」と思って受診。

結果として胎嚢が見えず、このまま様子を見てという事でした。

これが一番つらいですよね。ダメならダメで白黒つけたいタイプの私は毎日検索ばかりしてました。

頭の中では8割くらいこれは無理だなって思っていたんですが、周りに「大丈夫だよ!赤ちゃん信じて!」といわれ続けて、むしろ周りのほうが盛り立ててくれていた気がします。

なんか申し訳ないな、信じてやれずにごめんよ。

6週丁度で大量出血

そのままダラダラと茶オリっぽいものやそこそこ出血したものが出続け、6週丁度の日に2日目の夜より多い出血となりました。

夜用ナプキンがすぐにいっぱいになるくらいの出血で、運悪くその日はめったにない土曜出勤の日。

頻繁にトイレに行く私に不信感を抱かれつつも、「あーこれで最後だなー」と思っていました。

おばあちゃんが亡くなって、予定日がおばあちゃんの誕生日に近かったという事もあり、なんかすごい罪悪感だったんですよね。勝手にそう思ってただけといえばそれまでなんですけど。

胎嚢は確認できなかったとはいえ、今まで見たことのないような大きな袋が出てきました。

あーこれだ!ってわかるくらいの大きさです。

さすがにとっておくことはできなかったですが、今までありがとうの気持ちを込めてトイレを流したのは覚えています。

初期流産で辛かったのははっきりしないところ

初期流産で辛かったのは1週間何もできない自分でした。

もう結果はきっと赤ちゃんの中ではわかっているのであろうに、なかなか出血に至らなかったり。

妊娠初期の出血で調べても、大丈夫だったりダメだったり解答もあいまいなんですよね。

そりゃ人によって全然違うだろうし、出血の仕方だって違うんですけど、とにかく結果がわからず、次に進めないというところがかなりもどかしくて嫌でした。

初期流産は母体のせいではなく染色体の問題だとはいえ、仕事が忙しく走り回っていたし、娘だって抱っこしてたし。

なかなか気持ちを切り替えられなかったのは覚えています。

妊娠初期の出血ってかなり心配になります。もしパートナーがそうなったら、「大丈夫だよ」なんていう安易な言葉をかけないでほしいなと思います。

ちなみにその周期で始めたのがこの前書いたハーブティーでした。

半分残っているので今後も頑張って飲み続けようかと思います(笑)

 

www.dondon-kosodate.net

 今は8周期目。さてさて、赤ちゃんはいつ帰ってきてくれるやら。

妊活はインスタグラムさかす (@saka_babycome) で多く更新しているのでもしよかったらご覧ください。

2人目妊活記録:AMOMAの妊活ブレンドを購入してみました


f:id:dondon0907:20180819211322j:plain

細々と続けてきた妊活も実は次回で7周期目。

前回は4周期という比較的早い段階で授かることができたのですが、今回はタイミングと私の調子の悪さが重なったこともありなかなか妊娠できず。

正直時短勤務の終了も迫ってきているので焦ってはいるものの、こればかりはどうすることもできないので気長に頑張ろうと思います。

2人目妊活に関してはインスタグラムでのアカウントさかす (@saka_babycome) でも

追って記録していこうかと思っているのでもしよかったらフォローしてください。

www.instagram.com

続きを読む

赤ちゃんの冬の感染症対策!我が家がやってることまとめました!

f:id:dondon0907:20180904215544j:plain

冬になると心配なのが感染症。

インフルエンザやノロウィルス……もちろん風邪と冬場はいろんな病気をもらいがちですね。

私の勤めている職場でも、インフルエンザが流行したり、昨年度は胃腸炎が流行ってうつされたりと散々でした。

子どももつらいけど看病する大人もつらい!できることなら感染症をもらってきたくはないですね……。

保育園で働いている経験を生かして、我が家で行っている冬の感染症対策!

2歳になる娘は3回目の冬になりますが、今のところ感染症にはかかっていません。

保育園に通う子でも通っていない子でもできる感染症対策を紹介したいと思います。

続きを読む

保育士が選んだおすすめ絵本!ジャンルごとにまとめました!

f:id:dondon0907:20200520184654j:image

保育士として職場でも家でも1万冊以上の絵本を読み聞かせてきました。

3歳までに1万冊の絵本を読み聞かせると良いといいますが、どんな絵本が良いのか、どんな絵本があるのか迷いますよね。

季節や目的によっていろいろなアプローチができる絵本。

どうせなら子どもが好きな絵本を選びたい!

年齢やジャンル別にまとめてた厳選した絵本を紹介したいと思います!

続きを読む

冬の感染症対策におすすめしたい次亜塩素酸水『ジアニスト』を購入しました!

f:id:dondon0907:20180327212913j:plain

冬になると、子どもを持つ家庭で恐ろしいのが感染症。

昨年もインフルエンザが猛威をふるって私の職場の保育園でも胃腸炎が流行りました。

大人の胃腸炎はまだトイレで処理ができるので良いにせよ、子どもの嘔吐と下痢は突然。ソファの上にやられた日には泣きたくなりますね……。

そんなノロウィルスやインフルエンザといった冬の感染症対策におすすめしたい次亜塩素酸水。今年は『ジアニスト』を購入してみました!

続きを読む

ノロウィルスにも使える!感染症対策に次亜塩素酸水をおすすめしたい

f:id:dondon0907:20180110214735j:plain

これから始まる冬の季節。保育園に預けているワーママが一番怖いのは感染症。

インフルエンザに始まりノロウィルスやロタウィルスといった厄介な嘔吐下痢も流行ってくる時期です。

インフルエンザの高熱も嫌ですが、個人的には嘔吐処理がすごく嫌いで、嘔吐下痢の方が嫌です。

職場の保育園でももっとも蔓延してほしくない疾患!絶対うつるし!

職場ではこの時期に限らず1年を通して毎日『次亜塩素酸水』を常備しているのですが、次亜塩素酸水って作ってから効果が徐々に落ちていくんです。

漂白剤(ピューラックスやミルトン)を薄めて作った次亜塩素酸ナトリウムだと、効果はどんどん落ちてしまうんですよね。

どうするべきか悩んでいた時に自分の職場で流行ってしまい、感染症対策に購入した次亜塩素酸水を紹介します。(まぁ結果私は感染したんですけども)

続きを読む

子どもの噛みつきにどう対応すればいい?保護者と保育士両方の目線で考えてみた

f:id:dondon0907:20181026214544j:plain

子どもを保育園に預けていると必ずと言っていいほど問題になってくる子どもの噛みつき。

保育士として何年も保育園で働いていますが、0歳児~2歳児クラスでは毎日ヒヤっとさせられる場面があります。

噛みつきは年齢によって理由も違い、中には成長の証でもあるという事も。

噛みつきは一過性のものではありますが、自分の子どもが噛みついた側になると相手に申し訳ない気持ちになるし、噛みつかれた側になると腹ただしい……と葛藤が。

保育園で出会う噛みつきの問題。保護者として、保育士として、両方の目線から考えてみました。

続きを読む