保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

ジーナ式育児をとりいれて良かったこと、悪かったこと

f:id:dondon0907:20180414213836j:plain

ジーナ式をちょっと取り入れて育ったどんちゃん。

保育士として仕事をしているからという理由を含んでも、正直とても育てやすく、あまり手のかからない赤ちゃんでした。今は絶賛イヤイヤ期真っ只中ですが。

ジーナ式を取り入れてみて、良かったことと悪かったことを紹介します。ジーナ式を検討している方は参考にしてみてくださいね。

ジーナ式を全部は取り入れなかった

ジーナ式といっても、完全にジーナ式を行うのではなく、いいところだけ取り入れた感じのジーナ式でした。

 

www.dondon-kosodate.net

 どんちゃんに取り入れたのは主にこの3つ

1 必ず7時に起こす

2 授乳の時間を決める(ペースはどんちゃんに合わせる)

3 寝かしつけの方法を決める

です。

生後間もない赤ちゃんに生活リズムを覚えさせるには

生後間もない赤ちゃんは、昼夜を問わずに泣いては寝ての繰り返しをしています。

生活リズムを整えるといっても、実際に生活している中で睡眠と泣く事しかほとんどないので、起きる時間・寝る時間・お風呂の時間を固定させるのが一番かなとおもいました。

どんちゃんの場合は起きる時間は朝7時。寝る時間は20時。お風呂は19時過ぎに徹底していました。

お風呂の時間は自分がワンオペするようになったことを考えた時に一番入りやすい時間を選択しています。

沐浴の時は一緒に入らなくてもいいけど、一緒に入るようになったら自分も風呂に入らなければならなくなるので、産後間もないころは10時とか15時に入れてましたが、お風呂は夜に決めました。

ジーナ式育児を取り入れてよかったこと

生後2か月から夜通し寝てくれた

どんちゃんは3800gと比較的大きめに生まれてくれたこともあるかもしれませんが、生後2か月から夜通し寝てくれるようになりました。

というか母乳で育てていたけどわざわざ起こして飲ませなかったんですよね……。

母子同室で入院していた時も割とまとまって寝ていてくれたので助産師に間隔あけすぎと怒られたんですが、お腹がすいて起きないのであれば寝かせておこう……眠いし。と母親の都合によりそのまま寝かせておいたら、気づいたら夜通し寝ていました。

パパどんはどんちゃんしか経験がないので赤ちゃん=夜は寝る生き物だと思っていそうですが、そんなわけないと言いたい。

寝かしつけに苦労しなかった

どんちゃんは夜だけは寝かしつけをしないと決めていました。

そのため母乳飲んだら放置。ひたすら放置。寝たふりかましてたら勝手に寝るようになりました。新生児の時からそれは変わりません。

月に1回とか3ヶ月に1回くらい全然寝なくて大泣きするってことがあったんですが、寝かしつけしたことないから私もパパどんも困り果てたという事があるくらい、寝かしつけに手がかかっていません。

ちなみにジーナ式ではおくるみをする=寝るという習慣をつけていたのですが、どんちゃんはデカすぎた上に手足の力が強くておくるみから脱走するので使えませんでした。

なのでお布団をかける=寝るという図式になったのですが……後述しますがこれがなかなか難点だった!

ジーナ式を取り入れて悪かったこと

とにかく大人も睡眠がとれていたのでほとんどイライラせずに子育てできた赤ちゃん時代。でもジーナ式を取り入れたことによって新たな問題もありました。

布団(眠る習慣)がないと寝られない

どんちゃんは布団をかけたら寝るという習慣がついているので、1歳半を迎えた今も布団がないと寝られません。

別にいいじゃんと思うかもしれませんが、夏でも、外でも、実家でも布団(使ってるやつ)がないと寝られないです。

1歳を過ぎて外出をするようになってから、ベビーカーで寝ようとするときに布団がなくて大騒ぎするのが本当に大変で……寝る習慣をつける時に使うものを布団じゃなくてガーゼとかタオルとかもっと持ち運びができるものにしておけばよかったと後悔しています。

スケジュールがずれるため赤ちゃん教室に行けなかった

どんちゃんの場合10時に授乳というリズムだったので、10時から行われる区の赤ちゃん教室には参加できませんでした。

別に授乳しながら参加しても良かったんですけど、10時から始まるのにがっつり授乳しながら参加するのができなくて。あとどんちゃんも騒がしいところで授乳してもなかなか飲んでくれなくて。

おかげでSNSでつながったお友達以外ママ友と呼べる人は近所にいません。保育園に通いだしてからもママ友ができたのは1年たった後です。

リズムが合えばおすすめしたい育児法

結果としてジーナ式を取り入れてほとんど子育てで辛いと感じたことはありませんでした。人間睡眠って本当に大事なんだなと再確認させてくれたのがジーナ式。

特に0歳入園、生後6か月で復帰することを決めていたので、夜通し寝てくれるというのは非常に助かりました。

復帰した後0歳児のお母さんとか見てると、連絡帳に夜中2回とか母乳やミルクあげたり、朝方早く起こされてたりしていたので、どんちゃんには感謝しかありません。

悩んでいる方は参考までに、検討してみてくださいね。