保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

雨の日に読みたい絵本8選


f:id:dondon0907:20180523075528j:image

梅雨になると雨も多くなり、必然的に部屋遊びの時間も増える時期。

雨の日にぴったりの絵本を紹介します。

雨の日に読みたい絵本

雨の日に読みたい『雨をテーマ』にした絵本。

外遊びができず憂鬱な気分になってしまいがちですが、それは大人の話。

子どもにとっては、傘がさせて長靴が履ける特別な日だったりします。

外遊びには行くことができない時期だからこそ色鮮やかで気分が華やかになる雨の絵本がおすすめです。

あめかな!

www.dondon-kosodate.net

 

0歳から楽しめる雨のイラストが華やかな絵本。

絵具で描かれた雨のイラストは、青や水色といった色合いだけではなく、赤や黄色といった色も使われています。

カエルのおんがくたい

とにかくイラストがかわいく、カエルたちのうごきもほほえましい絵本。

おんがくたいの演奏が今にも聞こえてきそうなのがかわいいです。

雨でも楽しい気分になれるので大好きな作品です。

あめあめぱらん

「あめあめぱらん ぽつぽつぱらん うかぶははっぱ はっぱはみどり……」

というように水彩画のイラストとことばあそびが楽しい絵本。

1歳~でも楽しめる絵本で、よみきかせにおすすめです

かさ

『かさ』は文字のない絵本。

どんちゃんも所持しているのですが、基本は黒一色で描かれている世界に、赤い傘をさした女の子が雨の中お父さんを迎えに行く絵本。

赤い傘だけが鮮明に目に入ってくるので、とても印象深い作品です。

幼児さんむけで、小学生くらいになると物語の本質がわかってくるのかなと思います。

ぞうくんのあめふりさんぽ

雨の日のぞうくんのお散歩。雨の日で外が遊べないからと池の中をお散歩するぞうさん。

晴れた日にはのせてもらっていたカメが、水の中では大活躍するお話。最後のオチも子どもから大人気で、よく笑い声があがっています。

カエルのおでかけ

[rakuten:book:16453672:detail]

雨の日は人間にとっては外に出ることができないけれど、カエルにとっては『良い天気』

あしたは『良い天気』だから出かけよう!と雨の中おでかけするカエルの様子が楽しい絵本です。

カエルにとっては傘は雨の日にさすものではなく……と思わず笑ってしまう内容です。

3歳~楽しめるのかなと思います。

かさちゃんです

 

www.dondon-kosodate.net

 

身近な傘を題材にした絵本。どんちゃんもこの絵本が大好きで雨の日は持ってきて「よむ!」と話してくれる絵本です。

カラフルな傘たちが風に乗って虹になったり……、とよたかずひこさんらしいオノマトペがたくさん使われ、リズミカルな文章はよみきかせにもおすすめです。

てるてるぼうず

雨の日になると手作りするてるてるぼうずをモチーフにした絵本。

全てのページが擬音語で書かれているので、小さい子でも自分で読んだり理解しやすい内容です。

イラストがかわいくて、雨の絵はもちろん夜の星のページがとにかく綺麗な絵本です。

雨の日だからこそ絵本を楽しんでみては

雨の日は外に出かける機会が減ってしまいますが、だからこそ家庭で絵本のよみきかせを楽しむのも良いですね。

雨の絵本はたくさんあるので、どれにしようか迷ってしまう方はぜひ参考にしてみてください。