保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

孫へのプレゼントにも祖父母へのおねだりにも!毎月届く月刊絵本がおすすめ

f:id:dondon0907:20180417174244j:plain

孫へのプレゼントに悩むおじいちゃんおばあちゃんも多いと思います。

親から見ればチョイスが微妙だったり、子どもが楽しんでくれないことも。

そんなプレゼントにもおすすめな月刊絵本、注文できるサイトも紹介します。

 

 

月刊絵本ってなに?

月刊絵本は毎月1回、絵本を配送してくれるサービスです。

会社によって1冊の時もあれば2~3冊送ってくれるパターンもあり、子どもには大喜びのサービス。

月刊絵本は年齢別にコースが分かれているので、子どもの成長に合わせた本が選ばれて送られてきます。

選んでくれるのは絵本のプロの方ばかりなので、絵本選びに困っている大人にもありがたいサービスですね。

近年子どもにかける絵本の額は多くなってきていて、月刊絵本も各社様々な工夫をしています。

www.dondon-kosodate.net

 どんちゃんが実際に購読しているのはクレヨンハウスの月刊絵本。絵本配送サービスブッククラブです。

 

www.dondon-kosodate.net

月刊絵本を実際に購入できるところ

月刊絵本の配送サービスを行っている会社は多々ありますが、今回は保育園や幼稚園を経由して注文するものではなく、一般でも購入できるこちらの5社を比較してみたいと思います。

  • こぐま社 :こぐまえほんクラブ
  • クレヨンハウス:ブッククラブ
  • 絵本ナビ:絵本クラブ
  • 福音館書店:福音館の月刊誌
  • 子どもの本の童話館:ぶっくくらぶ

こぐま社:こぐまえほんクラブ

www.kogumasha.co.jp

『しろくまちゃんのぱんけーき』『くっついた』などの絵本で有名なこぐま社が行っている月刊絵本配送サービス『こぐまえほんクラブ』

こぐまえほんクラブの良いところ
  • 送料が無料
  • こどもの名前で届く
  • 支払方法が様々 
こぐまえほんクラブの微妙なところ
  • 月刊絵本のコースは1種類
  • こぐま社の絵本のみ
  • 途中退会できない(別途解約金1000円) 

こぐまえほんクラブの強みはなんといっても送料無料なところ。

月刊絵本配送サービスのほとんどが送料がかかるのに対して、無料なのは本当にありがたいです。

逆に好き嫌いが分かれるのがこぐま社の絵本のみの取り扱いであるところ。

『おひさまあはは』や『わたしのワンピース』等、人気だからこそ持っていた!となる確率も高いような気がします。

 

www.dondon-kosodate.net

 クレヨンハウス:ブッククラブ

www.crayonhouse.co.jp

実店舗もあるクレヨンハウスが行っている月刊絵本配送サービス。

こちらは実際にどんちゃんも利用しています。

ブッククラブの良いところ
  • コース数が豊富
  • 絵本の販売年代のバランスが良い
  • 持っている絵本は差し替え可能
ブッククラブの微妙なところ
  • 送料が高い(330円)
  • 選書が物足りない
  • 支払いが面倒

クレヨンハウスの月刊絵本配送サービスはとにかくコースが豊富で、新刊絵本のみや英語の絵本のみというコースや大人向けのものまであります。

長く愛される絵本が多い中で、最近の絵本を配本リストに載せてくれるので被る心配も少なく、年代別に幅広い選書が特徴です。

しかし、月に1~2冊という事で物足りなく感じる人も出てくるかと思います。

実際毎月2000円前後で配送されてくるのですが、5月の絵本は1冊のみ。

ちょっと物足りないかなと感じました。

そして支払いが振り込みか引き落とし(ゆうちょのみ)というのも面倒な部分のひとつ。せめてクレジットカードが対応してくれれば……と願うのみです。

絵本ナビ:絵本クラブ

club.ehonnavi.net

絵本通販の大手絵本ナビが行っている月刊配送サービスが絵本クラブです。

絵本クラブのメリット
  • コース数が豊富
  • 子どもの名前で届く
  • 選書のバランスが良い
絵本クラブの微妙なところ
  • 送料が高い(594円)

微妙なところは送料だけじゃないかと思うくらいバランスがいいのが絵本ナビ。

配本もいいし、持っているものも交換できるし、読まなくなった絵本は返品すればポイントとして還元できる……。

良いところが多いからこそ送料が高いのがとにかく残念です。

600円近いとさすがにもう1冊買えてしまうんじゃないかというレベルなので……。

福音館書店:福音館の月刊誌

www.fukuinkan.co.jp

月刊絵本で有名なのが福音館書店の月刊絵本配送サービス。

大きな書店でも購入することができたり、保育園や幼稚園でも案内がきたりすることが多いかと思います。

福音館の月刊誌の良いところ
  • 価格が安い
  • 販売されていない絵本を購入できる
  • 単品購入できる
福音館の月刊誌の微妙なところ
  • 絵本はすべてソフトカバー
  • 送料がかかる(100円)
  • 福音館書店の絵本のみ

福音館書店の大きな魅力は値段が安い事。1冊1000円近い絵本が毎月420円で購入できます。しかし、安いのはソフトカバーだからという面も。

こどものとも0.1.2は厚めのしっかりした素材で作られてはいますが、他の絵本はソフトカバーなので簡単に折れ曲がったり破けたりします。

逆に薄いからかさばらないというメリットにもなりますが。

大きな書店では単品でも購入できるので、気になる人はどんな感じなのか書店で確認することもできます。

童話館:ぶっくくらぶ

配本コースのご案内 | こどもの本の童話館グループ

童話館のぶっくくらぶは様々な出版社から質の良い絵本を届けたいという大きな決意表明をされている絵本配送サービスです。

ぶっくくらぶの良いところ
  • 童話館の絵本の場合割引価格に
  • コース数が豊富
  • 選書がしっかりしている
ぶっくくらぶの微妙なところ
  • 配本リストが公開されていない
  • 送料がかかる(200円)

ぶっくくらぶは質の良い絵本を届けたいという企業理念からわかるように、とにかく選書がしっかりしています。

有名な絵本から比較的新しい絵本まで、幅広い出版社から選ばれています。

童話館の出版している絵本であれば割引価格で購入できるのもうれしいところ。

基本的に絵本は割引がほとんどないのでありがたいですね。

配本リストが公開されていなくても、配本が良いと自信をもっていますが、リストが公開されないからこそかぶってしまう可能性があるのも事実。

ぶっくくらぶを購読した後は問い合わせれば聞けるそうなので、すでに絵本を持っている人は連絡しておくと良いでしょう。

プレゼントに迷ったら月刊絵本という選択肢も

孫へのプレゼントやお友達へのプレゼントに悩んだら、月刊絵本も良いと思います。

絵本はどの年齢からも喜ばれますし、おもちゃと違って好き嫌いがでることもあまりありません。

ただ、その時は読まなくても次第に読むようになっていった……という事もよくあるので、読まなくても責めたりするのはやめましょうね。

絵本の定期配送サービスはプロが選んだものが多いので安心してお任せすることができます。ぜひ検討してみてくださいね。