保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

雨の日にも使えるレインロンパース

f:id:dondon0907:20180523075528j:plain

梅雨に入り雨も続いて戸外に出るのが億劫。

でも保育園に送り迎えはしなければいけない……という事で悩んでいた雨具。

ロンパースタイプのレインコートを購入したので、その感想を書きたいと思います。

レインポンチョがダメな子に!レインロンパースという選択

子どものレインコートといえばポンチョが定番。

どんちゃんも当初はレインポンチョを購入しようと考えていました。

しかし、ベビーカーのカバーも自分でよけて雨に当たるくらいの雨好きなことが判明し、実母が買ってくれたポンチョもあまり意味をなさず……。

そんな矢先にママ友に紹介されたのがレインロンパースでした。

レインロンパースのメリット

自分では絶対に脱がない!

購入したのがこちらのレインロンパース。

 

f:id:dondon0907:20180616090921j:image

 
f:id:dondon0907:20180616090928j:image

 ポンチョではないので自分で脱げないため、どんちゃんもしぶしぶ着て歩いてくれます。

フードをとろうとはするのですが、ゴムが入っているのが良かったのか、意外に自分で外そうと思っても取れません。

サイズは90を購入して、どんちゃんはちょうど80センチくらい。

大きいので手足がぶかぶかなんですが、ゴムでしっかり止まるのでそこまで苦に感じることはないようです。


f:id:dondon0907:20180616090933j:image

レインロンパースのデメリット

着脱が面倒くさい

ロンパースのチャック部分が足首までないので、よくある冬用の防寒のロンパースみたいなやつにくらべると着脱はしにくいです。

カーターズのカバーオールに作りは似てるので、それが苦じゃない人は全然面倒じゃないかも。

足を通さなければいけない分、脱げなくていいけど着脱は面倒なので、頻繁に脱ぎ着しなければいけないような状況(上で着てるディズニーなんてまさにそれ)だとちょっと面倒でした。

逆に保育園の送迎では家で準備して保育園で脱ぐ、保育園で準備して家で脱ぐというだけなので、非常に助かってます。風が強かろうが絶対に脱げない。あおられて転びそうになるけど。

生地が心もとない

他のレインコート類を試したことはないんですが、生地はタフタみたいな感じで、小雨ならいいけど大雨ではたして大丈夫なのか……?というような印象。

子どもが着るものなので、あまりに厚くて重いものだと移動が大変なのはわかるので、この生地感であってるのだろうなとはおもうのですが、ちょっと心配になります。

長靴もまだ履きなれていなくて嫌がるので、靴にも使っているのですが、レインロンパースにも防水スプレーふっかけて使っています。

傘がまださせない1歳児にはとても便利

傘がさせず、まだまだ自分の意志で勝手に行動してしまう1歳児にはレインロンパースは非常に助かりました。

ポンチョだとズボンが濡れる……なんて事もありそうですが、ロンパースは足首まで覆うので中まで濡れたことはありません。

ポンチョだと動き回って脱げちゃう……という子にはおすすめしたいレインロンパースでした。