保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。目標は絵本1000冊。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

夏場の水遊び!トイザらスでビニールプールを買ってみた

f:id:dondon0907:20180703222114j:plain

梅雨が明けて一気に暑くなりました。

日中の外遊びも子どもより大人の方がつらい物。今年はどんちゃんも大きくなったのでおうちでプールデビューしてみました。

トイザらスのビニールプールレビュー

購入したのはトイザらスのビニールプール。

もともとディズニーが好きでミニーちゃん柄だったことと1400円とそこまで高くもなかったので旦那が即決。

ちなみに屋根がついているビニールプールとかもあるんですが、膨らませるのが大変そうなのと意外と場所をとるので却下されました(笑)

トイザらスのビニールプールを実際に購入してみた

トイザらスのオリジナル商品だったようで、外箱はほぼ英語表記。
f:id:dondon0907:20180702184034j:image
f:id:dondon0907:20180702184042j:image

上からシールで簡単に重要な部分が書かれている感じです。

取扱説明書も全部英語。まったく読めなかったんですがまぁ膨らませるだけだったので特に問題はないかなって感じです。

f:id:dondon0907:20180702184029j:plain

サイズは直径152cm。高さが30cm。

どんちゃんの身長が80弱なので自分でまたげるくらいの高さです。

f:id:dondon0907:20180702184039j:plain

ただ直径152cmはなかなかのインパクトあるデカさ。

乳児の水遊びなら底の空気があると安心

このミニーちゃんプールは完全に見た目と値段だけで買ったのでその機能はないのですが、ベランダで水遊びをしたりプールをしたりするのであれば底にも空気が入るビニールプールの方が安心です。

実際職場でも底に空気の入るタイプのやつを使っているんですが、弾力があるので子どもがプールに座ってもおしりが痛くならないそう。

このミニーちゃんビニールプールだと結構地面がダイレクトだったので、ベランダとかであればワンクッションあった方が気持ち的にも良い気がします。

1歳児の水遊びは足の甲が埋まるくらい

実際の現場でも水の事故は毎年必ずあるので気を付けたいところ。

どんちゃんが実際に入った時は水は足の甲がつかる程度の3cm位の深さでした。


f:id:dondon0907:20180703183204j:image

それでも水遊びとしては十分なようで砂場セットで遊んでたどんちゃん。

rakuten:auc-hanabiya-gekiyasu:10003977:detail

夏の遊びのひとつとして週末に取り入れていこうかなと思っています。