保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

夏場の水遊びに一工夫!保育園でもやってる水遊びのバリエーション

f:id:dondon0907:20180611220346j:plain

夏といえば楽しい水遊び。どんちゃんも先日おうちでプールデビューして週末は水遊びを満喫しています。

水遊びと一口に言ってもやり方は様々。

プールに水を張っておもちゃをだす……というのが一連の流れかと思いますが、夏休みの間毎日同じではさすがに子どもも飽きてしまいどうしたものかと悩みがちです。

家庭でもできる水遊びのバリエーションを紹介します。

 

プール遊びだけじゃない!夏場の水遊びに一工夫

プールに水を張ってバシャバシャ、おもちゃをだして水鉄砲……というのが水遊びの定番。

ですが、水遊びやプール遊びに一工夫を加えると更に楽しくなるし飽きずに遊ぶことができます。保育園でも水遊びの時期に取り入れているのでぜひご家庭でもやってみてくださいね!

 

www.dondon-kosodate.net

【乳児でもOK】冷たい氷にびっくり!氷水遊び

プールに氷を入れるだけというシンプルな一工夫。

氷水遊びなんて書くと拷問みたいに見えますが、実際に投入するのは製氷皿半分くらい。

最近はハート形や星形の製氷皿もあるので、形を工夫して取り入れても面白いですね。

氷の冷たさにも触れることができ、水に入れると溶けて小さくなるという事にも触れられる遊びです。色水を凍らせるのも楽しいですよ。

手間なく楽しむことができるのでちょっと一工夫したいときにおすすめ。

あまりたくさん氷を使うと水温が一気に下がってしまうのでほどほどに。

【乳児でもOK】水遊びの定番色水遊び

水遊びのバリエーションの定番なのが色水遊び。

複数色の色水を作っておくと、混色の様子が楽しめます。

保育園でやるときはたらいに色ごと分けて行う事が多いのですが、家庭でやるのであればペットボトルで複数色作って楽しむのがおすすめ。

色の付け方は絵具で行う事が多いですが、口に入れることの多い0歳~1歳であれば食紅での色付けが無難です。

[rakuten:nishiuchikagetsudo:10000436:detail]

今は食紅も8色とかあるので驚き。

3歳児以上であればアサガオやオシロイバナといった花を使って色水を作るのも楽しいです。

オシロイバナは水に浸しておくだけでも結構濃く色が出るのでおすすめ。

【乳児でもOK】感触遊びにも使える寒天

感触を楽しむために小麦粉粘土と同じくらい使うのが寒天。

色水を寒天で固めただけのシンプルさです。

手でちぎったり手に取って冷たい感触を味わってみたり。室内でも楽しむことができます。

【幼児むけ】発砲入浴剤でサイダー遊び

発砲入浴剤を細かく砕いて、水を入れたペットボトルに入れサイダーに見立てて遊ぶ水遊び。

そのままプールにドバーっといれて、色水遊びと同じように混色を楽しんでいました。

あまりきつくペットボトルのふたを閉めると破裂するのでそこだけは気を付けてくださいね。

[rakuten:cinemacollection:10094397:detail]

[rakuten:champion-drug:10012036:detail]

【幼児向け】シャンプーを使った泡遊び

プールに少量のシャンプーを投入してシャワーで泡を作って遊ぶ泡遊び。

あまり大規模で行うと家庭では片付けが大変なので、洗面器に水を張り、そこに少量のシャンプーを入れて泡にし、泡をプールに投入するくらいが丁度いいのかなと思います。

この時に色水にすると泡に色がつくし、シャンプーの泡が結構へこたれないので長い時間遊んで楽しむことができました。

幼児で水遊びした時に一番楽しかった(大人が)のが泡遊びです。

夏場に楽しい水遊び。工夫を加えて楽しんで

暑い夏こそ楽しみたい水遊び。一工夫加えることで同じ水遊びでもバリエーションがあり飽きずに楽しむことができます。

普段家庭にあるものを加えるだけで楽しめるものばかりなので、水遊びに飽きた時に取り入れてみてくださいね♪