保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

一人で着替えるきっかけに!お着替えしましょ、子どものしつけにおすすめの絵本【着脱編】

f:id:dondon0907:20180707223202j:plain

何でも自分でやりたい!が始まる1歳児。

トイレトレーニングをはじめ、衣服の着脱や食事のマナーなど教えることはたくさん。

保育園でも1歳児に読み聞かせているしつけの絵本。今回は着脱が楽しくなる絵本を紹介します。

 

 

一人で着替えるきっかけに!子どものしつけにおすすめ絵本

どんちゃんは保育園に通っている影響もあり1歳半あたりから自分で服を着る!!!と断言していました。

実際やらせてみるとできない事が多かったのですが、それでもこらえて見守るしかない大人たち……。

着替えたい!という思いを大切にしたかったので、そのころから読み始めた絵本が何冊かありました。

おきがえでんしゃ

 

着替えに興味を持ったころに取り入れたい絵本。シリーズで『はみがきでんしゃ』もあります。

おきがえでんしゃは一つずつ順番に洋服が出てくるので「まずはシャツね」と伝えやすかったです。

ペネロペひとりでふくをきる

コアラの女の子ペネロペが一人で着替えてお父さんとお母さんを喜ばせようとする話。

着替えを教えるという点では少し扱いずらい内容でしたが、「ひとりでお着替えできて偉いね」という会話のきっかけになる絵本。

パンツのはきかた

トイレが終わったらパンツを履こう!ということでぶたさんがパンツを履くだけの絵本。

歌があり、絵本の最後に音階も載っているので一緒に口ずさんでみるのも楽しいです。

どんちゃんは保育園で読んだのかいきなり「ぱんつはねーあじめにかたあしいれるしょー」と唄いはじめて驚きました。

トイレトレーニングとも併用できるのでおすすめ。

したく

[rakuten:dorama:10534300:detail]

文章のない絵本。赤ちゃんが靴下を履いたり洋服を着たりとでかけるために行う様子が描かれています。

たとえ文章がなくても子どもはすぐに理解して、「いっしょにおしたくする!」となったことがよくあったので子どもの理解力はすごいなぁといつもおどろかされる絵本です。

おきがえいろいろかくれんぼ

[rakuten:hmvjapan:16024236:detail]

ページをめくるとTシャツやズボンといった洋服がたくさんでてくるしかけ絵本。

楽しみながら読み進めることができるので、着替えのしつけに停滞した時に取り入れたい絵本です。

楽しみながら行うのが大事!時間に余裕をもって行いたい

着脱はなかなかうまくいかず最初は大人も子どももイライラするもの。

どんちゃんは自分でできないと気が済まなくて何回もやりなおし……時間がないから私もイライラ。なんてことが毎日でした。

朝の支度は泣きわめこうが全部大人がやる(そして保育園に任せる)、お風呂のあとは時間をかけて丁寧にと決めたことで楽になりました。

イヤイヤ期はとにかく辛抱の時期。絵本を用いて楽しみながらしつけができると良いですね。