保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

月額1000円で世界の絵本を楽しめる!ワールドライブラリーパーソナルを利用してみた感想

f:id:dondon0907:20180521210335j:plain

月刊絵本として以前まで利用していたクレヨンハウスのブッククラブ。

選書が良かったものの、料金の支払いが面倒だったため悩んでいた時に、ワールドライブラリーパーソナルに出会いました。

ワールドライブラリーパーソナルは、名の通り世界の絵本が月額1000円で届く月刊絵本のシステム。

世界の絵本ということで、日本ではあまり馴染みのない絵本もたくさん選書に選ばれていました。

今回実際に利用してみて第1弾の絵本が到着したので、感想を書いてみたいと思います!

料金の支払いも実際に贈られてきた絵本の内容も子どもにぴったり!ワールドライブラリーパーソナルの魅力を紹介します!

 ワールドライブラリーパーソナルって?

ワールドライブラリーパーソナルはワールドライブラリー社が提供している月刊絵本配送サービスの事。

 

月額1000円(10月配送分より送料200円)で毎月自宅に絵本を配送してくれます。

配送してくれる絵本はワールドライブラリー社の絵本だけなので、「はらぺこあおむし」「いないいないばぁ」といった有名な絵本が入る事はありませんが、世界各国の絵本が厳選されて送られてくるので、新たな魅力を発見できますよ。

 

www.dondon-kosodate.net

ワールドライブラリーパーソナルの魅力

ワールドライブラリーパーソナルは月刊絵本配送サービスの中でもあまり有名ではない方かと思います。

実際私もSNSの広告で流れてきたことから初めて知りました。

ワールドライブラリーパーソナルは1種類のみで、配送される絵本はワールドライブラリー社の絵本のみ。

そのため、ある意味絵本がかぶることなくGETすることができるかと思います。

ワールドライブラリーパーソナルの魅力は

  • 支払いの楽さ
  • 梱包の良さ
  • 値段の安さ
  • 物語の絵本だけではなくしかけ絵本もある

という4点。詳しく紹介していきたいと思います。

料金の支払い方が楽!

ワールドライブラリーパーソナルに変えてみて一番良かったことが料金の支払いが楽な事!

絵本ナビの月刊絵本配送サービスはクレジットも対応ですが、以前利用していたクレヨンハウスのブッククラブは銀行での払込みでした。

働いている側からすると銀行が空いている時間に行くのも手間だし、そもそもお迎えや買い物……と日々時間に追われているのに振り込みに行くのはかなり面倒でした。

 

www.dondon-kosodate.net

 

ワールドライブラリーパーソナルはクレジットカード支払のみなので、カードをお持ちでない場合は新しく作る必要があります

すでに絵本を持っていても大丈夫!図書カード対応も!

絵本の配送リストはホームページにも記載されているので、万が一持っている絵本だった場合は同月齢にあった絵本、もしくは同額の図書カードでの対応を行ってくれます。

ワールドライブラリー社の絵本はあまり書店で見たことがないので被ることは少ないかと思いますが、表紙や絵本の内容を見てあわなそうだなと思った時にもマイページで別の絵本に切り替えられるのは便利ですね。

梱包はビニール袋対応、誕生月はラッピングも

ワールドライブラリーパーソナルはビニールに入れての投函でした。

f:id:dondon0907:20180914221058j:plainポスト投函なので再配達の手間は省けますが、配送業者の扱いによっては絵本が痛む可能性もあるのが残念。

以前使っていたクレヨンハウスは段ボールに直接だったので雨の日が不安でしたが、ビニールだけだと強度も不安ですね……。

現在は送料無料のワールドライブラリーパーソナルですが、10月配送分から200円がかかります。

梱包がどうなるかは追って追記したいと思います!

ワールドライブラリーパーソナルは誕生月にラッピングしてくれるので誕生日プレゼントにもぴったり。

f:id:dondon0907:20180914221017j:plain

今月は丁度娘の2歳の誕生日だったのでラッピングされて届きました!

これには娘も大喜び。誕生日プレゼントのひとつとして気に入ってもらえたようです。

月額一律1000円、定価は1000円以上のものも

ワールドライブラリーの最大の魅力はその安さ。

月刊絵本配送サービスはほとんどの会社で絵本の定価+送料という値段になっていますが、ワールドライブラリーパーソナルは一律1000円+送料になります。

今回発送されたのはしかけ絵本。定価は1800円なので送料がかかっても600円お得な計算になりますね。

f:id:dondon0907:20180914221024j:plain

配送予定の絵本を見てみても一番安くて1000円。ほとんどの絵本が1000円を超えているものばかりなのでここまで安く絵本が買えるのは本当にお得だなと思います。

年に1~2回しかけ絵本が配送される

絵本の中でも高いイメージのあるしかけ絵本も、月額1000円で追加料金無く発送してくれます。

2歳の配本スケジュールの場合、2歳丁度と2歳半でしかけ絵本が予定されています。

今回配送された絵本は「ほっきょくのいきもの」というイギリスの絵本。

f:id:dondon0907:20180914221043j:plain

裏表紙にその絵本が発売されている国旗と国名が書かれています。

絵本によっては両方の言語で書かれているものもあるようですが、基本的には日本語にすべて訳されているので、読み聞かせは安心です。

逆に英語を勉強させたい!と考えている人には不向きかと思います。

世界の絵本に触れてみたいという程度で考えておくと良いですね。

f:id:dondon0907:20180914221036j:plain

f:id:dondon0907:20180914221029j:plain

中身も引っ張ると出てくるという簡単なものですが、娘はこれにどハマりしてしまい、最近はこの絵本ばかり持ってきて読んでいます。

しろくま・あざらし・しゃち……と覚えてきたようで「これはくまさんだよー!」と嬉しそうに教えてくれるので本当に購入して良かったです。

世界の絵本に触れられる月刊絵本サービス

月刊絵本配送サービスは日本の有名な絵本を配送する会社が多かったですが、こちらは世界の絵本を紹介してくれるので絵本被りも少なく、新しい魅力を発見できるかと思います。

世界各国のイラストなので、子どもによっては好き嫌いも出てくるかと思いますが、毎月何が届くかなと楽しみにできるのが月刊絵本配送サービスのいいところ。

 

www.dondon-kosodate.net

 まだまだ1回目なのでこれからですが、今後どのような絵本が届くのかまた紹介したいと思います。