保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

【子育て】保育士が日ごろから使っているママ向け日焼け対策グッズ

f:id:dondon0907:20180321123844j:plain

保育士の仕事といえば、真っ先に思いうかぶ散歩。

毎日炎天下の中子どもと一緒に走り回っているので、夏場は真っ黒になっている……なんていう先生もたまにいますが、基本は日焼け対策をしっかりしている先生がほとんどです。

プールに外遊びにととにかく戸外にでることが多いですが、子どもと関わる仕事なので子どもに対しても優しいものを使いたい……という思いもあるのは、お母さんも一緒ではないかと思います。

3月を迎えると一気に紫外線もでてきて、実は夏より春の方が対策が重要だとか。

今回は私や同僚も使っている日焼け対策グッズを紹介します。

お母さん・ママにもおすすめ日焼け対策グッズ

日焼け止めは子どもとも兼用できるものと使い分け

どんちゃんがいるので、朝出かける時に塗る日焼け止めは子どもと兼用のものを使っています。

どんちゃんの乳児湿疹をきれいにしてくれた(笑)時から愛用しているのがママ&キッズです。

値段がそこそこするのがつらいのですが、春先から秋口まで、昨年は2人で使って2本でどうにかなりました。

子ども用の日焼け止めなので、大人であるお母さん・ママにはちょっとこころもとないSPF23のPA++です。

そのため、どんちゃんを送ってから職場についたら、もう一回日焼け止めを塗ってました(笑)

 SPF50+でPA++++なのと、とにかく安いというだけでビオレのUVアクアを愛用していました。

子どもと外で遊ぶ機会が多いので、とにかく汗をかいて塗りなおす(1日3回くらい塗ってた)ので、コスパ最強のものを選んでました。

でもべたつかないし、臭いもほとんどないので子どもから嫌がられることはなかったです。

スプレータイプの日焼け止めは子どもが吸い込むのでNG

便利なスプレータイプの日焼け止めですが、お母さん・ママにはあまりおすすめしたくない理由が子どもが吸い込みやすいところです。

シューって吹き付ければOKなところが魅力ですが、成分が飛散するところがやっかいなところ。

保育園ではスプレータイプのものは日焼け止めはおろか脇汗用デオドランド商品も使っていません。

スプレータイプの日焼け止めを使うのであれば子どもがいないところで行いましょう。

帽子は万能!プールでも被る愛用品

f:id:dondon0907:20180318213058j:plain

春先から散歩で欠かせなくなるのが帽子。子どもたちはもちろん帽子をかぶっていますが保育士もかぶります。

帽子を選ぶうえで譲れないポイントは

  • つばが広い事
  • 周りが見やすい事

の2点です。矛盾しそうなところですが、日焼け防止のためにつばが広い事が重要で、でも子どもの安全のために周りが見やすい形状のものを選んでいます。

若い先生はキャップ被ったりしてます。似合うのがうらやましい……。

帽子をかぶった時に前を向いていても左右が見やすいものが一番良いかなと思っています。

何をするかわからない子ども相手なので、日焼け対策も大事だけれど、やはり安全を重視しています。

帽子が風で飛ばされるのが気になっても行けないので、クリップも併用してます(笑)

100均にも売っているし、子どもにもおすすめです。

逆にサンバイザーは頭が守れないので使ったことがありません。

髪の毛も日焼けするとのことなので、夏のプール活動でも帽子は必須アイテムで、毎回被ってプール活動をしているので洗い替え用に2枚帽子は準備していますし、通勤用にも帽子は欠かせません。

アームカバーはとにかく便利

日焼け対策にとにかく使えるのがアームカバーで、日焼け止めを塗り忘れた時でも安心感が違います。

安いから大抵イーザッカマニアストアで購入してるんですけど、これが本当に良くて、家用にも買いました。

家事とかでゴミだししたり、洗濯干したり……っていうちょっとした時でも日焼け止め塗るより簡単で手軽なので重宝してます。

デメリットといえば手軽すぎてポイってどっかに放ってしまうので片腕がなくなることかと(笑)

子どもといると戸外に出る機会が多いので日焼け対策は十分に

子どもがいると毎日外に出てるんじゃないかというくらい外にでる機会は多くなります。日焼け対策は十分にしておきたいですね。

また細かく話していけたらと思っています。