保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

保育園のブログに顔を載せるか載せないか、現場の変化は?

f:id:dondon0907:20180604231940j:plain

保育園によってはブログを公開していて、保護者に写真の公開の有無を確認しています。

もし不可と返答した場合保育の現場ではどうなるのか、実際に働いている側からお話ししたいと思います。

 

 

保育園のブログに写真を載せる?載せない?

保育園のブログがパスワードや指定のURLを打ちこむのではなく、全世界に公開されている場合自分の子どもの画像が悪用されるという可能性があります。

現在は保育園のブログが非公開になっている保育園が多いのですが、それでもまだ公開されている保育園も多いのが現状です。

どんちゃんの保育園はブログをやっていないのですが、私の職場では数年前まで全世界に公開してブログを掲載していました。

写真を載せない保護者はどのくらい?

ブログに写真を載せたくないという保護者は1クラス20人程度の規模で2人くらいと意外に少ないものでした。

私は公開したくない派だったので、正直驚いたのを覚えています。

保育園全体でみても1割程度で、他の保護者は承諾しているんですよね。

他の保育園で見てみても、写真を載せたくないと考えている保護者は多くても2割程度でした。

写真を載せないことででてくるデメリット

販売される写真が減る

保育園で写真を撮り、ブログに載せている場合、その写真を後日販売するという形をとっている園も多いです。

実際私の職場でも、保育士が日常の写真を撮って毎月業者に頼んで販売していますし、ブログをやっていないどんちゃんの保育園も数か月に1度写真販売を行っています。

写真を載せないという選択肢をしてでてくるデメリットは、この写真販売の際に自分の子の写真が少なくなるという事です。

保育士も写真販売用に写真を撮るという考えではなく、日常の様子を教えてあげたいという思いで写真を撮っています。

しかし、その写真を使ってブログを書かなければいけないとなると、どうしても写真掲載不可の子はファインダーから外してしまいがちです。

もちろん写真掲載不可の子も、写真販売ではOKという保護者が多いので、他の子とつり合いをとるためにその子も入った写真を撮るのですが、ピン写真が多くなったり、集合写真もブログ用と販売用と分けて撮るので若干故意に撮ったな感が否めません。

他の保護者にすぐばれる

デメリットになるかはわかりませんが、ブログの写真掲載をNGにした場合、他の保護者には大抵1ヶ月でバレます。

集合写真を撮っても絶対にいないし、いつも仲良く遊んでいるはずなのに隣にいない……と保護者は割とすぐ気づかれます。掲載不可の子をモザイク処理する保育園もありますしね。

だからといって困ることはないのですが、他の保護者に掲載不可ってことばれたくないなぁと思っている方はあきらめた方が良いでしょう。

写真を全体公開してても対策はしている

保育園によっては全世界に公開されているブログでも、写真を悪用されないように対策をとっている場合もあります。

写真を縮小して画質を荒くしていたり、個人のアップ写真は載せず、遠目からとった全体の写真のみ載せたり、後姿だけだったり。

やり方は保育園によって様々ですが、保育園側も対策は取っていることが多いです。

保育園のブログを公開していると、保育園を探す側には情報を得ることができ大変ありがたいのですが、ネット社会である現代ではわが子の写真を載せるのは怖いもの。

デメリットを挙げましたが、掲載不可にしてはいけないよと言っているわけではありません。

子どもの事を考えて、最善の選択を保護者ができると良いなと思っています。