保育士が子育てしてみた

保育士ワーママさかすと2016年に生まれた娘どんちゃんの成長記録。保育士目線での子育て情報や保育園の裏話を教えます。

月刊絵本ってどうなの?メリットとデメリット

毎月絵本が手元に届く!

月刊絵本を知っていますか?毎月1冊季節や月齢に合った絵本が手元に届くシステムで、1年間内容が決められているので自分で選ぶ必要がなく、子どもに絵本をプレゼントすることができます。

絵本は種類もシリーズも豊富にあり、どんな絵本を選べばいいのかわからない。

月齢にあった絵本はどれだろうと悩むこともありますし、実際に書店まで行くのも面倒……という人もいるでしょう。いつも読む絵本がマンネリ化してしまう、どんな絵本を読めいいのだろうと悩んでいる人には最適のシステムだと思います。

月刊絵本は出版社や提供している会社によって特徴があるので何社か紹介したいと思います。

f:id:dondon0907:20180117213910j:plain

低価格ではじめやすい:福音館書店 こどものともシリーズ

月刊絵本と言ったら真っ先に思い浮かぶのが福音館書店のこどものともシリーズ。

年齢に合わせて展開されていて

10か月~2歳:こどものとも0・1・2

2~4歳:こどものとも 年少版

4~5歳:こどものとも 年中向き

5~6歳:こどものとも

となっています。

実際に書店でハードカバーで発売されている福音館書店の絵本の中にも、こどものともで月刊誌として先に販売されたものもあるくらいなので、内容は折り紙つきです。

メリットはとにかく安い事で、月420円になります。普通に販売されている絵本は1000円前後なので半額近くで買えますし、ランチ1回分よりお得です。

デメリットは安い分薄くて破れやすい事。とくに年少版以降は1ページ1ページがしっかりしているわけではないので長期保存には向いていません。

こどものとも0・1・2は乳児の事を考えしっかりとした厚さの絵本になっているので購入するのであれば0・1・2がおすすめだと思っています。

絵本自体はあまり良い素材というわけではありませんが、内容は子どもの月齢や季節に合わせたものが届きますし、子どもが読み倒すことを考えるとこの値段で絵本が手に入るのは良いなと思います。

こどものともは大きな書店で毎月販売しているところもあるので、気になった絵本だけ購入するのも良いですね。

www.fukuinkan.co.jp

多種多様なコース設定:絵本ナビ 絵本クラブ

絵本ナビで行っている定期購読サービスは、子どもの年齢を登録するとその子の月齢にあった絵本を選び、配本リストが作成されて手元に届きます。

こちらは出版社が行っている月刊絵本ではないので様々な出版社の絵本を購入することができます。

配本リストの中の絵本は削除したり変更したりすることができるのですでに持っている絵本は替えることができます。お値段は定価になるので、絵本選びに悩むお母さんやお孫さんへのプレゼントにも最適です。

絵本クラブのおもしろいところは、パパ向けコースやプレママコースが設定されているところです。パパ向けコースは職場に届けてくれるサービスもあるのでお土産としてもちかえることもできます。普段育児に参加しにくいお父さんも、これをきっかけに子どもと絵本の読み聞かせを楽しんでも良いですね。

気に入らなかった絵本は絵本ナビでポイントと引き換えに買い取ってくれるのでまた新しい絵本を購入することができます。

デメリットは値段は定価であることと月の購入額が5000円未満だと送料がかかることです。

 

新刊の絵本も楽しめる:クレヨンハウス 絵本の本棚

クレヨンハウスは東京都に店舗を構える絵本専門店で、そのノウハウを生かして年齢に合わせたおすすめの絵本を配送してくれるサービスを行っています。

絵本ナビ同様年齢に合わせてコース設定がされており、最大13歳まで毎月絵本や児童書を楽しむことができます。

ラインアップは変えることもできるので持っている絵本は変更することも可能です。

クレヨンハウスの定期購読のおもしろいところは新刊絵本のみで構成されたコースがあるところです。漫画や月刊誌の新刊と違って絵本の新刊は書店に行ってもわかりにくく、手にして初めて気づくこともあります。

新刊で構成されているのでかぶることはないですし、あまり知られていない絵本を知るきっかけにもなるので楽しそうなコースです。

また英語のコースもあるので子どもに英語教育を考えている人は絵本から取り入れてもいいと思います。どんちゃんは私が卒業旅行で購入したドイツ語で書かれた絵本をよく読んでいます。海外の絵本は製本の仕方が日本とは違っていたり、仕掛け絵本が多いので見ているだけでも楽しむことができますよ(わたしはまったく読めないので完全に絵を楽しんでいるだけです)

デメリットはこちらも送料がかかるところ。ラインナップだけ拝借して書店で購入するのも一つの手なのかなと思います。ただ絵本って意外に重たいので配送してもらえるのはありがたいのかな?

www.crayonhouse.co.jp

 

何冊か紹介しましたが、書店で子どもと選ぶことも楽しいですし、プロに任せておすすめの絵本を購入するのもひとつの手だと思っています。こどものともは保育園や幼稚園で購入できることもありますし、他にも月刊絵本を手掛けているところもあるのでまた紹介します。